なたまめ茶の通販

通販で人気の国産なたまめ茶がこれ

なたまめ,茶,通販,健康,

現在、インターネット通販・電話注文などで一番人気の高いのがマイケアが販売する、薩摩刀豆なたまめ茶。通販で販売されているなたまめ茶の中でもダントツでおいしいと評判です。

 

高い評価の理由は、豊かな自然ときれいな水質に恵まれた薩摩のなたまめを厳選して使用していることと、マイケア独自の製法により、本来の風味を損なわずに仕上げたこと。

 

これにより、なたまめ茶本来のおいしさを逃さずに味わえるお茶として、現在通販で販売されているお茶の中でも特に人気が高くなっているようです。

 

現在通販で流通しているなたまめの多くは輸入品であり、お茶に使われる原料も、輸入品で製造されたものが大半であるなか、すべての原料を純国産のものにこだわっているのもポイントです。

 

毎日飲むお茶だからこそ、安全で安心できるものを求めるのは消費者の多くが共通して望むことのようですね。

 

薩摩に伝わる不思議な豆。『なたまめ茶』で毎日イキイキ!


なたまめ茶とは

このところ、健康に良いということで一躍注目を浴びるようになったなたまめ茶。このお茶の原料となる「なたまめ」にはどういった特徴があるのでしょうか。

 

 

このお茶に使われるなたまめは元は、江戸時代の初期に中国から伝わってきた豆の一種です。「なた」というのは短い木の柄のついた、幅が広く厚い刃物のこと。さやの部分が、この「なた」のカタチに似ていることから、そう名づけられたと考えられています。

 

また、なたまめのことを「刀豆」「鉈豆」などと表したり、「馬刀豆」と呼んだりすることもあります。またアジアやアフリカでは広く薬として栽培され、中国では長らく漢方薬や茶の材料として使われてきました。

 

 

日本でも免疫力の向上、血行の促進、膿み出しなどに効果的とされ、民間療法的にお茶として多くの人々に利用されています。ただ、なたまめは多くの豆類と同様にわずかな毒性を持つものがあり、中にはお茶などの飲み物には適していない品種もあります。

 

 

なたまめが茶以外に、福神漬けに使われていることはよく知られていますが、こうした漬物や炒め物などの料理に使われているものは白なたまめの若いさやなどに限られています。なたまめ茶には赤なたまめが使用されていることも多いのですが、こちらは、薬効は大いに期待できるのものの、特に完熟したものについては毒性があるため実は食用にはあまり適さない品種であると考えられています。

 

 

そこで考え出されたのが、豆そのものをそのまま食べるのではなく、ひと手間掛けてお茶として飲むという方法。このようにじっくりと焙煎することで毒性は消失する上、お茶として飲むことで本来の薬効を余すことなくいただけるようになるというわけです。

 

現在では専門のいくつかの通販会社がこのお茶の販売と普及に携わっており、多くの方の健康に役立っています。また口臭や口内の環境にも良いとされ、高齢者の方にも愛飲して頂けるお茶として人気が高まっています。

 

薩摩に伝わる不思議な豆。『なたまめ茶』で毎日イキイキ!