腎臓との関係について解説

なたまめ茶と腎臓の関係

なたまめ茶の腎臓病への効果についてはテレビや雑誌などのマスコミで取り上げられることも多く、知識として知っているという方も多いのではないでしょうか。

 

 

腎臓はカラダの中の水分や電解質などの濃度を調節し、血液中の老廃物を濾過することで尿を生成する働きを持つ臓器です。腎臓の働きが衰えるとむくみが現われ、カラダのだるさを覚えるというのが一般的です。

 

 

ただ、これらは腎臓に問題がなくても起こりやすい症状である上に、なかにはほとんど症状が表に出てこないということも少なくありません。気付いた時には症状がかなり悪化していたということも珍しくないのです。

 

 

腎臓は一度機能が衰えてしまうと、好転することの少ない臓器です。場合によっては高血圧症や高脂血症、糖尿病などといった合併症を引き起こすことがあり、人工透析ともなれば患者本人の負担はかなりのものとなってしまいます。

 

 

なたまめ茶が腎臓病に良いという医学的な根拠は、現在でも全てが明らかになっているというわけではありません。しかし、なたまめに含まれている豊富なミネラルに血行を促進して利尿作用を促す効果があること、ウレアーゼやコンカナバリンAといった成分が腎臓の炎症を抑え、機能を強化すること、そして実際に腎臓病患者の中にはなたまめ茶を愛飲している方が多いことなどは注目するに値する点だと言って良いでしょう。

 

 

ただし、ひとことで「腎臓病」といっても様々なものがある上に、効果のほどにも個人差があります。また、なたまめ茶も水分であることには変わりありません。腎臓の疾患で治療を受けている方で、特に水分摂取の制限をされている方がなたまめ茶を飲用される場合には、かならず事前に医師に相談するようにしてください。

 

体に溜まる憂鬱に『なたまめ茶』