なたまめ茶の作り方

なたまめ茶の作り方

花粉症対策に、成人病防止に、また腎臓の働きのサポートにとその薬効に大いに注目の集まるなたまめ茶。でも、お味のほうに問題があり飲みにくかったり、作り方が難しくて手間が掛かったりというのでは、毎日続けることができませんね。

 

 

なたまめ茶には豆の持つ独特の味がありますが、クセはなく、香ばしくまろやかで大変飲みやすいと評判です。市販されているなたまめ茶の中には他のお茶とブレンドされているものも多いため、自分の体調を考え合わせて素材を選んだり、好みの味を探したりといろいろな楽しみ方ができるというのもなたまめ茶の良さのひとつといえるでしょう。

 

 

健康茶という点に特にこだわらず、単純に味の好みからなたまめ茶を愛飲しているという方も少なくないようです。

 

 

また、現在市販されているなたまめ茶の多くはティーバッグタイプのものですので、作り方はカップに入れてお湯を注ぐだけであったり、やかんで数分程度煮出したりするだけと、至って簡単なのも嬉しいところです。

 

 

一旦作ったなたまめ茶は冷蔵庫に入れれば2〜3日は保存が利きますので、たっぷり作って好きなときに飲むというのが良いでしょう。

 

 

ホットにしてもコールドにしても成分には全く変わりがありませんし、再加熱してもOK。焼酎やウィスキーを割ってもおいしくいただけますので、お好みの飲み方でどうぞ。飲む分量には特に制限はありません。

 

 

なたまめ茶にはカフェインが入っていないので、夜飲んで眠れなくなるという心配がないのが良いですね。小さなお子様からお年寄りまで、ご家族皆様で安心してお飲みいただけます。

 

お子様からお年寄りまで!家族で飲める“不思議な健康茶”