選び方についての注意点など

なたまめ茶の選び方

このところ、テレビや雑誌でなたまめ茶のパワーが取り上げられることが多くなり、現在「なたまめ茶」と名の付く製品は実にいろいろな種類のものが登場しています。

 

しかし、輸入したなたまめを使用しているなたまめ茶の中には、使われているなたまめの品種や生産過程がはっきりしていないものもあり、中には粗悪な製品もあるといいます。

 

 

また、海外で栽培されている品種の中には毒性があり、食用として適していないなたまめも存在しています。それだけに、なたまめ茶の選び方には慎重になりたいもの。特に原料となるなたまめを十分にチェックした上でなたまめ茶を選ぶようにしたいものですね。

 

 

なたまめ茶に適したなたまめの品種には、「白なたまめ」と「赤なたまめ」があります。もともと食材として利用されることも多かった白なたまめを使ったものでは、なたまめ100%のなたまめ茶もよく見かけられます。逆に、薬効が期待できるとされる赤なたまめを使ったものでは、赤なたまめ単独では作用が強すぎるという考え方から、他の材料とブレンドした健康茶というかたちで製品化されているものが多いようです。

 

 

ただ、なたまめ茶は薬ではありません。健康のために飲む場合でも、そのパワーを実感するまでには数ヶ月飲み続けることが必要となります。それだけに、なたまめ茶の選び方としてその「味」という点に大きなポイントが置かれるというのは当然のことかもしれませんね。

 

 

いずれの場合にも豆独特の香りや香ばしさが楽しめるということで好評のようですが、ブレンドする材料によってもそれぞれ味わいが異なりますので、ぜひ好みのものを見つけてみてください。

 

体に溜まる憂鬱に『なたまめ茶』